相続

相続の仕方

そして相続人は、財産目録を確認して、相続の方法を次の3つの中から自由に選べます。

単純証人 相続財産(遺産)の全てを相続する
限定承認 条件付きで相続財産(遺産)を相続する
相続放棄 相続権を放棄して相続財産(遺産)を一切受け取らない

※但し、限定承認を行う場合には、相続人全員で行う必要があります。


相続財産(遺産)を単純証人すると決心した相続人の方々は、相続人の全員で相続財産をどのように分配するかを話し合う必要があります。この話し合いを「遺産分割協議」といいます。


遺産分割協議には、必ず相続人の全員が参加する必要があります。


遺産分割協議で話し合われる内容には、一切制限がありません。


先ほど「民法では相続人の範囲と相続分が決められている」とお話しましたが、この遺産分割協議の場で相続人全員の同意を得ることができれば、民法の規定と異なる相続分を定める事も可能です。


被相続人の意思に反する結果となってしまいますが、遺産分割協議の場で相続人全員の同意を得ることができれば、遺言の内容と異なる相続分を定める事も可能です。


例えば配偶者(妻)と長男、長女が相続人の場合に、配偶者(妻)が全ての相続財産(遺産)を相続するといった取り決めをする事は可能です。可能というよりも自然ですよね。こういった取り決めをする場合、長男と長女が相続放棄をすることでも同じ結論を得ることもできます。が、裁判所への申請の手間や費用を考慮すると、遺産分割協議で合意を得る方が得策でしょう。


例えば「家業を継ぐ長男が全財産を取得する」旨の遺言が遺されている場合であっても、相続税の事を考えて、配偶者と長男が各々1/2の割合で相続財産(遺産)を相続するといった取り決めをすることも可能です。


夢発信人倶楽部〜中野行政書士事務所〜では、あなたの依頼に基づいて、相続人の調査、相続財産の調査を行い、相続人の合意内容を遺産分割協議書として遺します。遺産分割協議書は、登記用、自動車用、各金融機関用全ての様式を作成しています。


仮にこの遺産分割協議の場で、各相続人の合意を得ることができない場合には、家庭裁判所による遺産分割調停・審判で解決することになります。ここまでコジレテやっと、弁護士さんの出番です。


毎年数多の相続が発生していますが、弁護士さんが必要な案件って以外と少ないもの。大半は相続人さんの話し合いで落着するものです。なのに、そんな単なる手続きにわざわざ弁護士に大金を支払いますか?登記専用の遺産分割協議書を作成するのに、わざわざ司法書士に大金を支払いますか?




お問い合わせ

夢発信人倶楽部〜中野行政書士事務所〜

〒610−0121
京都府城陽市寺田新池20番地の7
電話番号0774-66-2248  FAX0774-53-6222(24H対応)
Mail:info@bossykakyu.com

受付時間
 9:00〜12:00 ×
13:00〜17:00 ×
18:00〜21:00 × × ×

▲ページトップに戻る