一般廃棄物と産業廃棄物の種類

私たちが生活していく上で、必ず出してしまうものが「廃棄物」です。
廃棄物は、一般的な家庭が出す「一般廃棄物」と工場などの施設が出す「産業廃棄物」の二つのタイプに分けられます。
これらは無価物であるとされ、再利用できないと判断されたものがほとんどになります。


一般廃棄物とは

一般廃棄物は、法律で定められている産業廃棄物以外の廃棄物のことです。
主なものとして、以下の種類が挙げられます。

■家庭廃棄物
・可燃ごみ、不燃ごみ
・粗大ごみ、有害ごみ
・家電4品目、パソコン及び周辺機器
・自動車

■事業系一般廃棄物
・可燃ごみ(産業廃棄物に分類されないもののみ)
・粗大ごみ(木製のもののみ)

■し尿
・し尿
・浄化槽の汚泥

※これらの中には、リサイクル法などの法律によって廃棄方法が定められているものもあるため、捨てる際には注意するようにしましょう。
また、この他にも特別管理一般廃棄物と呼ばれる、ダイオキシンなどを特定量以上含むものなどがあります。


産業廃棄物とは

産業廃棄物には、法律によって定められた20種類があり、改訂ごとに変更になる場合もあるため、廃棄前にきちんとした確認が必要です。
主なものとして、以下の種類が挙げられます。

■あらゆる事業活動に伴う廃棄物
・燃え殻、ばいじん
・汚泥
・廃油
・灰酸
・廃アルカリ
・廃プラスチック類
・天然ゴムくず、金属くず、ガラス/陶器くず
・鉱さい、コンクリートの破片類

■特定事業の活動に伴う廃棄物
・紙くず、木くず、繊維くず
・動植物系残渣
・動物系固形不要物
・動物糞尿
・動物死体

■廃棄物処理時に生じた廃棄物
上記の産業廃棄物を処分する際に処理した廃棄物で、上記に分類されないものがあります。

■特定管理産業廃棄物
・廃油
・廃酸
・廃アルカリ
・感染性産業廃棄物
・特定有害産業廃棄物

廃棄物は、このような種類に分けられて処理されています。
その上で、他人の廃棄物を処理するためには許可が必要になり、一般廃棄物の場合は市町村長の許可ですが、産業廃棄物の場合は、都道府県知事と一部政令市長の産廃業許可が必要です。
産業廃棄物収集運搬業免許という専門の免許があるので、それを申請し取得することで産業廃棄物の運搬処理が可能になります。
産業廃棄物収集運搬業免許の申請をお考えなら、京都の中野行政書士事務所へお任せください。
産業廃棄物収集運搬業免許の他にも、宅地建物取引業免許(宅建免許)、建設業許可免許などの申請や更新のご相談もお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。


お問い合わせについて

夢発信人倶楽部〜中野行政書士事務所〜                            

610-0121

京都府城陽市寺田新池20番地の7
お問い合わせ先
TEL:0774-66-2248
FAX:0774-53-6222(24時間・365日対応)
Mai:info@bossykakyu.com
受付時間 9:00〜18:00(土曜・日曜・祝日を除く)

▲ページトップに戻る