相続

人がお亡くなりになれば、当然に相続は発生します

人がお亡くなりになれば、当然に相続は発生します。
あなたの意思表示や何らの手続きも必要ありません。自動的に、即座に発生してしまします。
▲続きを読む

誰が相続人になるの?

遺言による相続など遺産相続は遺言書に従って財産を分配していきますが、突然のお別れの場合は残されていないことも考えられます。日本には法律で相続権が定められており、権利を得られる人が決まっています。
▲続きを読む

法定相続分を超越する存在〜遺言書

ここで一つ注意しなければならない事が「遺言書」です。
遺言書があり、そこに相続財産(遺産)の分配方法が記されている場合には、民法で定められた規定よりも遺言書に遺された内容が優先してしまいます
▲続きを読む

相続財産(遺産)をまとめてみよう〜財産目録

当然の事ですが、相続財産(遺産)を相続する前提として、一体どれだけの相続財産(遺産)があるのかを把握しておかなければなりません。
▲続きを読む

相続の仕方

そして相続人は、財産目録を確認して、相続の方法を次の3つの中から自由に選べます。
▲続きを読む

不動産資産の評価方法

相続される財産には、土地や建物などの不動産資産が大半を占めていますが、預貯金などの金融財産と違い、どのくらいの価値があるのか分かりづらいものです。しかし、相続税を算出するためには、不動産がどのくらいの価値があるのか評価する必要があります。
▲続きを読む

相続税申告で注意すべき点

相続が発生した場合、どのような手続きをすればよいのか、または必要な手続きが何なのか判断に迷うこともあるでしょう。まず考えなければならないのが、相続税の申告についてです。
▲続きを読む

遺言

遺言書の作成

遺産相続に関しての家族、親戚の間でトラブルが増えています。トラブル回避するためにも遺言書を作成することはとても重要なことです
▲続きを読む

押さえておきたい遺言書の作成ポイント

続問題をきっかけに親族同士の争いが起きてしまうこともあります。そのようなトラブルを未然に回避するためにも、遺言書を作成しておくことが大切です。しかし、遺言書は法的な効力を持つ文書となりますので、正式に書かなければなりません。
▲続きを読む

あなたの最後の意思表示

遺言書はあなたの最後の意思表示なんて呼ばれたりします。ですが最初は、肩肘を張らず、今のお気持ちを素直に表現する事からはじめて見る事をお勧めします。

ここでは、先ほどお話した各種の遺言書について少し詳しくお話します。

▲続きを読む




お問い合わせ

夢発信人倶楽部〜中野行政書士事務所〜

〒610−0121
京都府城陽市寺田新池20番地の7
電話番号0774-66-2248  FAX0774-53-6222(24H対応)
Mail:info@bossykakyu.com

受付時間
 9:00〜12:00 ×
13:00〜17:00 ×
18:00〜21:00 × × ×

▲ページトップに戻る